トップページ > 自転車のこと > 日本一周(分割)中 > 北関東甲信越ツーリング2015 > 装備

バッグ類

| コメント(0) | トラックバック(0)


IMG_2596.jpg


IMG_2596.jpg

●フロントバッグ代わりのバックルコンテナ(7L)×2
中はすべて衣類、どんなにぎゅうぎゅう詰め込んでも形が変わらないのがいい。
見た目はまぁあれだけど、ロングツーリングでは機能性重視。
カメラのマウントをバックルコンテナに取り付けてあるので、走行中に撮影可能。たいがいぶれるけど。

●ヘッドポーチ(モンベル)
前の記事に書いたようにUSB充電器とUSBケーブルが2種類・ポケットWi-Fiなどのデジモノ。

●サドル下に取り付けてあるけど本来はヘッドポーチ(モンベル)
行動食入れ。とりあえず出発時はアーモンドが200gほど入っていた。
坂道のぼりながらポリポリ食べることができる位置にあるが、車から見ると股間をまさぐっているように見えるかも。

●サドルバッグ(モンベル)
簡単な工具とチェーンオイル&サドルオイルなどメンテナンス用品。

●リアキャリアの上
サイドバッグに入らない長いもの(テントのポール、折りたたみの椅子、三脚)

●フロントサイドバッグ(オーストリッチDLX)
重量が左右均等になるように、キャンプ時に使う物が入っている。
テント・マット・米・パスタ・シングルバーナー・クッカー・調味料・etc
なのでキャンプ時はサイドバッグからすべての物を取り出す。

●リアサイドバッグ(オーストリッチ超古い)
キャンプ時に使う物でフロントに入りきれなかったシュラフとサンダル(←軽いものをリアに)。
雨が降ったときに使う物一式・ファーストエイドキット・本気モードの工具一式・etc

昨年まではドライサックに入れたマットとシュラフをサイドバックの上にゴムバンドで載せていたけど、今年はサイドバッグの上には何もないので非常にすっきり。
(昨年の写真 ↓ 舞鶴行きのフェリーの中)

IMG_1696.jpg


昨年まではこんな感じ

年齢と共に軽量化されていく。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://8ada.com/index/kanri/mt-tb.cgi/521

コメントする